ブライダルサロン・VIP御用達のお店

ポリシー

クリーニング工房ライフのポリシー

とびっきり綺麗に!! 手間ひまかけたこだわりクリーニング
全ての工程に手間と時間をかけます

クリーニング工房ライフ 7つのポリシー

  1. 『すすぎ』中心とした穏やかクリーニング
  2. クリーニング溶剤は徹底的にきれいに
  3. クリーニング後の乾燥はダメージを少なく
  4. クリーニングの仕上げは職人の手仕上げ
  5. クリーニングの染み抜き技術は国内最高峰
  6. 独自開発した技術で衣類をメイクアップ
  7. 伸縮、型崩れのない特殊加工水を使ってクリーニング

『すすぎ』中心とした穏やかクリーニング

一般的なクリーニング店では、時間をかけず効率よく汚れを落とす『洗い工程』を中心としたクリーニングに重点をおいているため、機械や洗剤に頼ったクリーニングを行っています。

『洗い工程』を中心としたクリーニングは、衣類への負担の多い溶剤に長時間漬けたまま、機械による強い力でグルグルと回してクリーニングするため、どうしても衣類は多大なダメージを受けてしまいます。

これでは大切な衣類の形や風合いが台無しになってしまいます。

クリーニング工房ライフでは、お客様の大切な衣類をクリーニングする際の手間と時間を惜しみなくかけます

『洗い工程』中心のクリーニングは、衣類の寿命を短くしてしまい「お気に入りの衣類はいつまでもきれいに・大切に着ていたい」というお客様に満足して頂くことはできません。

クリーニング工房ライフでは、しつこい汚れや染みは機械を使わず職人の手作業により1点1点丁寧に汚れを確認しながら落とし、『すすぎ』を中心とした新発想のクリーニング方法穏やかクリーニングを編み出しました。

「クリーニング=機械で衣類を洗う事」という従来の常識をくつがえし、衣類の型崩れや風合いを損ねる事なく、新品は新品の状態をより永く保持することを可能とした当工房自慢のクリーニング法です。

通常のクリーニングを繰り返した結果少し型崩れ気味になってしまった衣類についても、当工房が独自開発した【シルエット加工】により、新品同様の形や風合いを蘇らせることも可能にしました。

▲ PAGETOP

クリーニング溶剤は徹底的にきれいに

一般的にドライクリーニングに用いるクリーニング溶剤は、フィルターでろ過して使用しております。

クリーニング溶剤

フィルター交換してしばらくは、クリーニング溶剤の汚れも良くろ過され「きれい」ですが、クリーニング回数を重ねるとフィルターのろ過性能が低下するため、クリーニング溶剤はどんどんと汚れてしまいます。

汚れたクリーニング溶剤でクリーニングするから嫌な臭いが付き、汚れも綺麗にならないのです。

当工房では、このフィルターろ過の欠点を解決する研究を長年続け、普通の水から不純物を取り除き純粋に近い水(蒸留水)を作る方法と同じ原理でクリーニング溶剤をより透明で純粋な溶剤に再生する「蒸留方式」の開発に成功しました(写真参照)。

クリーニング工房ライフでは、写真の通り新品同様の純粋できれいな溶剤を使ってクリーニングを行うので、ドライクリーニング特有のいやな臭いがなく、肌に優しいクリーニングをお客様に提供できるのです。

▲ PAGETOP

クリーニング後の乾燥はダメージを少なく

一般的なクリーニングの乾燥は、ドラム回転乾燥機の熱風(55℃位)で25分~30分ものあいだ、グルグル回転させながら衣類を乾燥させています。

そのため、クリーニングを行う毎に衣類の伸縮がおこり、ハリやコシも失われ型崩れがおき、ボタンの損傷や付属品・ファスナーなども大変なダメージを受けてしまいます。

クリーニング工房ライフではドラム回転式乾燥ではなく、自然乾燥を中心に、冷風乾燥、適温静止乾燥(ハンガーに吊るし乾燥する)など手間と時間がかかる乾燥方法を取り入れているので、衣類へのダメージを最小限に抑えることが可能なのです。

▲ PAGETOP

クリーニングの仕上げは職人の手仕上げ

大半のクリーニング店では、クリーニングの仕上げ作業(プレス)に、アイロンをかけるのではなく、蒸気で満たした装置の中に衣類を入れて、大まかにしわを伸ばし、その後部分的な手直しをして仕上げ工程を終了させています。

クリーニングイメージ

この蒸気タップリ仕上げでは、衣類の形は崩れ、すぐにヨレヨレやシワが戻ってしまうため、おしゃれに気を使う方の満足を得ることは出来ません。

クリーニング工房ライフでは、プロの仕立て屋が行う本格的なプレス仕上げと同等の完璧な仕上げをめざしています

素材本来の良さをいかし、まるで仕立上がりの衣服のように一品一品丁寧に手作業でアイロンをかけて衣類を仕上げます。

▲ PAGETOP

クリーニングの染み抜き技術は国内最高峰

クリーニングに出されるシミ(しみ)には、食べこぼし、泥はね、襟や袖の汚れなどごく一般的なシミ(しみ)から、襟や脇の下の汗や皮脂がついたまま数年が経過し、完全に酸化してしまった黄ばみ(黄変したシミ)まで、染み抜き(シミ抜き)に要するレベルはいろいろです。

素材(布地)の違いも考慮すると、それこそ染み抜き技術の難易度は千差万別であり、特にデリケートなシルク素材についた汗染みや黄ばみは、年数が経過し完全に酸化してしまうときわめてレベルの高い染み抜き技術が要求されます。

染み抜きを専門とする業者でもシミ(しみ)を取り除くことが困難であるといわれる汗染みや黄ばみの染み抜きもクリーニング工房ライフにお任せください。

もちろん、ウール、綿、麻、色柄物の染み抜きもクリーニング工房ライフなら大丈夫。永年培ってきた国内最高峰の染み抜き知識と技術・経験でクリーニング後の染み抜き(シミ抜き)にも完璧を追求します。

⇒ 詳しくは染み抜き(しみ抜き)をご覧ください。

▲ PAGETOP

独自開発した技術で衣類をメイクアップ

クリーニング工房ライフでは、「大切な衣類をいつまでも新品同様に」を最大のテーマとして、長年にわたりクリーニング技術の向上に努めて参りました。そして、クリーニング店の最終・究極の目標は、お客様の衣類に出来る限りダメージを与えずクリーニングをし、新品同様の着心地や色合い、風合いをいつまでも楽しんでいただくことや、クリーニングによる型崩れを起こすことなくハリやコシも楽しんでいただくことではないか?という結論に至ったのです。

このような、クリーニングの理想を徹底的に追求していった結果、「クリーニングするのだから多少の着心地や型崩れは仕方がない」とあきらめていた常識を完全に覆す、衣類の状態を新品同様に保つ メイクアップ加工 が誕生しました。 クリーニング工房ライフでは、お客様の大切な衣類をいつまでも新品同様に着ていただけるよう、 メイクアップ加工 を施した次世代のクリーニング仕上げをご提供いたします。

▲ PAGETOP

伸縮、型崩れのない特殊加工水を使ってクリーニング

クリーニングイメージ羽毛布団やウール毛布をクリーニングする際、多くのクリーニング店では、水洗いによって起こる伸縮、型崩れの危険を恐れるあまり、汗を完璧に取り除けない事や肌に刺激になる事、油の臭いが残る事などを承知の上で、水洗いを避け、効率を優先し、スピーディーに短時間処理できるドライクリーニング方法を行っています。

クリーニング工房ライフでは、羽毛布団やウール毛布のクリーニングは、直接肌にふれる物だから、肌に優しく汗を確実にとり、さっぱり仕上げる事にこだわり、生地に浸透しやすく伸縮や型崩れを起こし難い特殊加工を施した水で手間ひまかけた ウエットクリーニング をいたします。また、乾燥にも十分時間をかけて自然乾燥いたします。

羽毛布団やウール毛布のクリーニングはふんわりと肌触りよく仕上げ、さらに快適な睡眠をお届けするために最近話題のマイナスイオンをクリーニング後の羽毛布団や毛布に無料にて加工させていただきます。

衣類やふとんへのマイナスイオン加工はクリーニング業界初の試みです。放射性物質を使わず安全で環境にやさしいマイナスイオン加工を提供いたします。

▲ PAGETOP

平日 9:00~17:00(祝日も営業) 土日休

メールでお問い合わせはこちら